読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷにーにゃすの開発ブログ

Unityを使う個人開発者の「なにか」が書かれたブログである

衝動で描かれたイラストたち

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

今回はTwitter上にアップした「衝動により生まれたイラスト」たちの紹介です。

ー 始まりのイラスト ー

f:id:Puni_nyasu:20160616195639p:plain

このイラストでは「マイナスドライバー」と「ペンギン」を組み合わせています。

Twitterのアカウントで
「いろいろな世界観と組み合わせてみてはどうか」
というアドバイスをいただきました。

その後、ぼへぇーっとラクガキをしている最中に、このイラストの元が生まれました。

ー マイナスだけじゃないイラスト ー

f:id:Puni_nyasu:20160616200131p:plain

マイナスドライバーだけじゃいけませんよ、工具にも適材適所があります。

ということで、このイラストでは「プラスドライバー」と「ペンギン」を
組み合わせています。

目の部分もプラスにしてみることで、
「マイナスドライバーペンギン」と差異を作り出しました。
知り合いからは、そこがかわいくないと言われる始末でしたが……。

ー カナヅチのイラスト ー

f:id:Puni_nyasu:20160616200436p:plain

2016/06/16 現在のTwitterアカウントのヘッダーにしているイラストです。

「金槌(かなづち)」と「タツノオトシゴ」を組み合わせたイラストです。
題して「カナヅチノオトシゴ」という捻りの無いネーミングです。
でも、語呂は良いと思うんですけど……意地張っても仕方ないですね。

インパクトを与えるのに持ってこいなので、何らかの形で登場させたいです。

ー 最後に ー

Twitterにアップしている「衝動で描かれたイラストたち」を記事にしました。
絶対に今後も増えます、覚悟というか楽しみにしていてください。
もう必ず、こいつらの仲間が増えます。
増えないとおかしいくらいに思っています、本当に。

開発ブログにこうしたイラストを載せているのは、
何らかの形で自分を支えることになるかもしれないと考えているからです。

デザインの専門学校に通っていたわけではありませんし、
そういう学問を学んでいるわけではありませんが、
キャラクターのデザインができるぞというアピールになれば良いかなと考えています。

……おそらくこれだけの力では、力不足だと言われるのが筋だと思いますけれども。

とにかく、今後とも衝動によるイラストたちをよろしくお願いします。
それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

次の工具は何になるだろう……。

「経験と記憶」 をリリースしました

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

2016/06/14 に新作「経験と記憶」をリリースしました。

ー 「経験と記憶」について ー

f:id:Puni_nyasu:20160615181610p:plain

play.google.com

このゲームはジャンルとして「アクションゲーム」とさせていただきました。
もう少し狭義のジャンルとしては「暗記ゲー」、「覚えゲー」というものが
当てはまるのではないかなと(実際β版をプレイした知り合いからそう言われました)。

ゲームの内容は

カウントが0になるまで「なにか」をよけ続ける

というものになります。ただそれだけです。
ではカウントを0にするためにはどうすればよいのかと言うと、

「なにか」が画面に姿をあらわし、再び消える

ことでカウントが減っていきます。
結局「なにか」をよけ続けるのがプレイヤーのできることになります。

このゲームには、一切ヒントがありません。
ステージに何が出てくるのかは自分で経験してください。
そして、クリアするためにそれを記憶してください。
そういうゲームなのです。

ー 最後に ー

 新作ゲームアプリ「経験と記憶」に関するゲームルールの記事を書きました。

記憶力に自信がある方はぜひお試し下さい。

また、アップデートによるステージ数の増加を予定しております。
そのときにはまた記事を書かせていただきます。お待ち下さい。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

……お金欲しい。

イラスト その3

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

今回もオリジナルのイラストに関する記事になります。

ー イラスト その3 ー
f:id:Puni_nyasu:20160610224258p:plain

前回とは異なり、モチーフを完全に決めてから生まれました。
そのモチーフは「羊」と「重り」です。少々「悪魔」も混ぜてあります。

現在開発中のゲームアプリに登場させるキャラクターとして考えました。

ですので、このキャラクターの姿形はゲーム内での役割を考慮されています。

そして、背中と翼に描いてある目玉は当初描かれていませんでした。
ですが、物寂しい感じがしたので何か描けないかと描いていたら、
目玉がちょうどいい感じに描けたのでそのまま採用しました。

こういう感じのキャラクターを描いていると本当に楽しいです。
その一言に尽きます、はい。

ー 最後に ー

 今回もイラストに関して記事を書きました。

ブログに残していくことも大事ですが、ゲームをしっかり完成させることが
本当に大事なことなので、ブログだけにならないよう気をつけていきます。

それでも、文章を書き、何かを伝える力を付けていくことは大事だと思いますので
続けていくように努めていきます。

それではここまで読んで頂きありがとうございました。

イラスト その2

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

今回も前回と同じく、イラストについての記事を書いていきます。

ー イラスト その2 ー

f:id:Puni_nyasu:20160609010728p:plain

今回のイラストは「ラクガキ」から生まれました。

モチーフは「いもむし」と「へび」……ですかね。
ちょっと具体的には分からないです。

なぜ「分からない」のかというと
ノリノリで描いた「ラクガキ」は「頭で考えてこうしよう、ああしよう」
と描いたものではないため、何が何だか分からないものになってしまうことが
自分にはよく起こります。

このイラストもその例に漏れず、何が何だか分からないですが
モチーフの二例っぽく見える部分もあるので「そういうイラスト」なのかなと。

ー 最後に ー

「ラクガキ」から生まれたイラストについて記事を書きました。
また、自分の「ラクガキ」についても書きました。

このタイミングで書きますが、現在開発中のゲームにこのキャラクターを
プレイヤーキャラクターとして登場させています。

若干、デザインの変更(へびがいない、足がない)はあります。
それでも、自分がデザインしたキャラクターがゲームの中で
動かせる、また動いているのを見ると、とても感慨深いですね。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 ……四足歩行描きたい描きたい、ふにっとした丸いのっ!と頭にあったような、
それでいて、最初は犬だった気もする。いや、たしか、犬だったはず……。

イラスト その1

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

突然ですが、「このブログに残していく物」を考えた時に挙げられる物として、
自分がデザインしたイラストがあります。

というわけで、定期的に自分が描いたデザインについて記事を書いていきます。

そうは言っても、最初なので手探りな記事です。

ー イラスト その1 ー

f:id:Puni_nyasu:20160607232340p:plain

「ダーク系シルエットがチャンスあるかも!」
この発言はそのままではありませんが、意味としては簡単にはこうだと思います。

上の言葉のようなことを、自分が非常に尊敬しているある方が
Twitterでツイートされました。

そこで、長年培ってきた「ラクガキ」スキルと、
高校生の時に培った「ベクター系ソフト」スキルを組み合わせました。

その結果が上のイラストになります。 

Twitterで使用していたアイコンに描かれていたキャラを、
シルエット調にしてみた結果になります。

一言だけ言うと「元のデザインはほとんど残っていません」、はい。

 モチーフは「猫」と「回路」です。
イラストに描かれている線がエネルギー伝導路みたいに見えればいいかなと。

ー 最後に ー

Twitter等で使用しているアイコンについての記事を書きました。
Twitterに挙げたイラストは今回のものだけではないので、
それぞれについても、今後記事を書いていきます。

 

 

……仮面ライダー555とか大好きやもん。クリムゾンスマッシュ大好きやもん。

始動

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
Unityを使ってスマホ向けゲームアプリを開発している、ぷにーにゃすと言います。

こちらではTwitterとは異なり「語尾にデスを付ける」と言った、
文章が読みに辛くなる装飾は行わないように心がけたいと思います。

ー ブログの目的 ー

最初の記事ということで、まずはブログの目的について説明します。
その目的は「自分の開発の足跡となるように」です。

どうしてその目的となるかというと、自分が若いからです。本当に若いです。

それ故に、この道を進んでいくためには「残すものをしっかりと残す」、
そうしていかないと、将来の自分のためにならないと考えているからです。

ー 最後に ー

基本的に文面ではこのような口調になります。
それでも、よければどうぞよろしくお願いいたします。

ということで、ブログをスタートしました。

 

 

……自分は20代前半です。がきんちょですよ、がきんちょ、はい。